SEKISUI

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和36年 東映プラスチック(株)設立。資本金1千万円。
真空成形工場完成。生産開始。
昭和39年 資本金5千万円を積水化学工業(株)に譲渡。
本社を東京都千代田区丸の内に移転。第一次設備計画を立案。
昭和42年 スノコ材、ルーフラック材等、異形押出成形品生産開始。
射出成形機増設、押出工場、電気設備増設。
昭和43年 太田工場隣地1,980m²買収。射出成形機、真空成形機増設。
昭和45年 社名を東映プラスチック(株)から東都積水(株)に変更。
昭和46年 耐熱性継手の射出成形品生産開始。創立10周年記念式典挙行。
昭和49年 硬質ビニール電線管型式認可。
一般用硬質塩化ビニール管JIS規格取得。
硬質塩化ビニール電線管JIS規格取得。
本社を東京都新宿区新宿三井ビルに移転。
昭和51年 異形押出成形工場完成。創立15周年記念式典挙行。
昭和53年 デッキ材、硬質塩化ビニール製ダクト管生産開始。
昭和55年 原料工場増設、射出成形機増設。ポリエチレン管生産開始。
硬質塩化ビニール製スパイラル管(ES管)生産開始。
昭和56年 発泡異形押出成形品生産開始。水道用ポリエチレンJIS規格取得。
日本水道協会検査認定工場に指定される。
二軸押出成形機増設。プラスチックデッキ材JIS規格取得。
創立20周年記念式典挙行。
昭和60年 耐熱性硬質塩化ビニール管継手JIS規格取得。押出成形機増設。
昭和61年 排水用硬質塩化ビニール管継手JIS規格取得。
創立25周年記念式典挙行。下水道用器材製造認定工場許可。
昭和62年 二軸押出成形機増設。射出成形機増設。射出成形工場増設。
平成元年 押出成形機増設。インサート自動供給機(ロボット)新設。
押出成形機用搬出機更新。
平成 3年 インサート自動供給機(ロボット)新設。射出成形機更新。
創立30周年記念式典挙行。
平成 4年 PM賞優秀事業場受賞。ラミネーター機新設。
押出成形機更新。射出成形機更新。
平成 5年 ラッピング工場完成。ラミネーター機増設。
生産管理コンピューター更新。
平成 8年 創立35周年記念式典挙行。インサート継手取出装置更新。
ラインソー設備増設。配合評価設備新設。コンパウンド工場新設。
平成10年 太田新工場建設。
平成11年 本社を東京都港区虎ノ門に移転(積水化学工業(株)東京本社ビル)。
ISO9001認証取得。
  平成12年 ISO14001認証取得。
平成13年 創立40周年記念式典挙行。
電線管付属部品用設備導入。
木粉粉砕設備導入。
平成15年 ゼロエミッション事業所認定。
平成16年 本社を東京都港区芝大門に移転。
お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください。 ▲このページのTOPへ